医学部 臨床医学耳鼻咽喉科学Otorhinolaryngology

JapaneseEnglish

研究室HP

耳鼻咽喉科 写真 2019

当教室は昭和49年1月1日、初代主任教授、山下公一先生(現金沢医科大学顧問)のもと開設された。 山下公一教授はわが国における鼻副鼻腔内視鏡手術のパイオニアとして、鼻科学の発展に多大な足跡を残した。平成9年4月に第二代主任教授として友田幸一先生が教室を受け継ぎ鼻副鼻腔内視鏡手術支援機器の開発に尽力された。平成21年5月から三輪高喜第三代主任教授の下、新たな教室がスタートし全国的にもめずらしい嗅覚・味覚外来が本学に開設された。嗅覚が主な専門であり当教室の鼻科学の伝統の更なる発展を期している。平成25年4月に頭頸部外科学講座がスタートし耳鼻咽喉・頭頸部センター(センター長:三輪高喜)として互いに連携しつつ診療活動を展開している。

お問い合わせ

TEL: / FAX: / Email: ent@kanazawa-med.ac.jp

所属者紹介

講座主任

  • 三輪 高喜 耳鼻咽喉科学3三輪

准教授

  • 志賀 英明

講師

  • 八尾 亨
  • 酒井 あや

助教

  • 山本 純平
  • 木下 裕子
  • 山田 健太郎
  • 張田 雅之
  • 中村 有加里
  • 石倉 友子

研究医(員)

  • 熊井 理美
  • 西前 徳繁
  • 佐伯 静華
  • 加納 恒

主な研究業績

部門別研究業績

  • Yamada K, Shiga H, Noda T, Harita M, Ishikura T, Nakamura Y, Hatta T, Sakata-Haga H, Shimada H, Miwa T. The Impact of Ovariectomy on Olfactory Neuron Regeneration in Mice. Chem Senses. 2020 Apr 17; 45(3): 203-209. doi: 10.1093/chemse/bjaa005. PubMed PMID: 32010939.
  • Okamoto K, Shiga H, Nakamura H, Matsui M, Miwa T. Relationship
    Between Olfactory Disturbance After Acute Ischemic Stroke and Latent Thalamic Hypoperfusion. Chem Senses. 2020 Mar 25; 45(2): 111-118. doi: 10.1093/chemse/bjz077. PubMed PMID: 31873732.
  • Shiga H, Okuda K, Taki J, Watanabe N, Tonami H, Kinuya S, Miwa T.
    Nasal thallium-201 uptake in patients with parosmia with and without hyposmia after upper respiratory tract infection. Int Forum Allergy Rhinol. 2019 Nov; 9(11): 1252-1256. doi: 10. 1002/alr. 22395. Epub 2019 Jul 29. PubMed PMID: 31356735; PubMed Central PMCID: PMC6899886.
  • Noda T, Shiga H, Yamada K, Harita M, Nakamura Y, Ishikura T, Kumai M, Kawakami Z, Kaneko A, Hatta T, Sakata-Haga H, Shimada H, Miwa T. Effects of Tokishakuyakusan on Regeneration of Murine Olfactory Neurons In Vivo and In Vitro. Chem Senses. 2019 May 29; 44(5): 327-338. doi: 10.1093/chemse/ bjz023. PubMed PMID: 30989168; PubMed Central PMCID: PMC6538963.
  • Harita M, Miwa T, Shiga H, Yamada K, Sugiyama E, Okabe Y, Miyake Y,
    Okuno T,Iritani O, Morimoto S. Association of olfactory impairment with indexes of sarcopenia and frailty in community-dwelling older adults. Geriatr Gerontol Int. 2019 May; 19(5): 384-391. doi: 10. 1111/ggi. 13621. Epub 2019 Apr 9. PubMed PMID: 30968523.

主な外部研究資金

  • H28~H32 科学研究費基盤研究 (C)
    新規画像評価法による嗅覚障害からアルツハイマー病早期診断法の開発
    代表者:三輪 高喜  予算規模:468万円
  • H29~H32 科学研究費基盤研究(C) パーキンソン病における嗅覚障害の分子イメージング研究 代表者:志賀 英明 予算規模468万円
  • H31~H32 科学研究費若手研究 閉経老年マウスにおける嗅上皮障害後の再生過程の解析 代表者:山田 健太郎 予算規模:416万円
  • R2~R4 科学研究費若手研究  嗅覚系再生における末梢-中枢連関 嗅神経から海馬まで  代表者:中村 有加里 予算規模299万
  • H31~H32 科学研究費若手研究 におい刺激による嗅覚系ニューロン再生の検証、分子機構の解明と認知症治療 代表者:石倉 友子 予算規模:416万円